任意整理のQ&A
任意整理とは、現状では自己破産するほどでもありませんが、このままではいつまでも借金の返済に見通しがつかない状態の時に、借金減額をする一つの手法です。
借金の減額や利息の見直し、そしてどのように返済をしていくかといったことを専門家が債務者の代理となって債権者と交渉して、和解を求める手続きを言います。
借入残額を任意整理で減らすことができるの?
可能です。
借金の毎回の返済金は、まず利息の支払にあてられ余った部分が元本の支払にあてられるのです。
金利が不当に高い場合には、利息が高くつきますから、返済してもすべて利息に食われて元本はなかなか減らないのです。
これを利息制限法の金利に修正すれば、元本の減り方が早くなりますから最終的な借入残額が減ります。
任意整理のメリットは何?
柔軟性です。
債務整理の他の方法では法律上さまざまな負担や制約が加えられていますが、任意整理の場合はローン業者と借主の間で合意を成立させるだけで面倒な制約がなく柔軟性に富んでいるのです。
例えば、任意整理の場合はローン業者と同じ条件で和解する必要はないです。
任意整理のデメリットは何?
あくまでローン業者との話し合いなので話し合いがまとまらない場合は解決にならないことです。
借入残額はどのくらい減るの?
利息制限法の範囲内の金利で借りていた場合や、借金ではなくカードで買い物をしたような場合は利用残額は減りません。
これに対し、利息制限法の上限金利を超える金利で借りていた場合は借入残額は減ります。
一般的にいえば取引が長く返済額が大きければ払い過ぎの利息の額も大きいので、借入残元本は大きく減りますが、逆に取引が短い場合はあまり減らないでしょう。
費用で比較 借金返済
ヤミ金解決のエストリーガルオフィス

闇金問題は対応している事務所に相談しましょう